MENU

地域包括ケアシステムの中で、地域医療に貢献する薬局を評価する「地域支援体制加算」を新設されます。
その中で地域支援薬局としての標準的準備が必要となり、患者に選んでもらう薬局となる事が必要です。

からラボ は地域連携薬局に必要な環境提供します。
販売支援は、健康支援薬局を運営するに当たりお客様に提供する環境(ネットとリアル)と商品まですべて含めて提供いたします。

●かかりつけ薬局・健康サポート薬局機能
〇医療提供施設との情報共有(※※)
・入院時の持参薬情報の医療機関への提供
・医師、看護師、ケアマネジャー等との打合せ(退院時のカンファレンス等)への参加
〇業務を行う体制(※※)
・福祉、介護等を含む地域包括ケアに関する研修を受けた薬剤師 注)の配置
・夜間・休日に対応を含めた地域の調剤応需体制の構築・参画
〇在宅医療への対応(※※)
・麻薬調剤、無菌調剤を含む在宅医療に必要な薬剤の調剤
・在宅への訪問

注)既存の健康サポート薬局の研修制度の活用可能  ※※ 地域の医療需要等を踏まえた判断も可とする。

保険薬局から地域連携変革薬局に向けて事業変革を行います。

業態改革の書類製作もサポートします。

からラボ 導入で、地域連携薬局に向けて、こう変わる!!
薬局店内に商品やチラシが並び、地域に向けて情報発信が可能になり、訪問でかかりつけ薬局として患者固定化と加算

OTC、お菓子、サプリなどが販売可能に

薬局紹介やチラシ紹介、地域案内

介護施設、高齢者住宅、在宅へお薬サポート


忙しい保険薬局様に変わり、からラボは商品供給集客販売を行います。

からラボがサポートする内容
【業態改革の準備】
【1】提出:厚生労働省への届出サポート
【2】商品:OTC、サプリメント、介護用品、衛生材料商品を提供
  費用:基本費用以外、成果報酬で安心
【販売】

【1】販売:薬局への集客、ネット販売、店頭販売をサポート

門前薬局状態では確実に収益源
かかりつけ薬局・健康サポート薬局化を行い収益モデルを変更

からラボが業態改革をサポートします。

※日経ビジネス 薬局解体

2025年に10兆円に膨らむ、保険調剤薬局に提供している調剤基本料・調剤料を削減

厚生労働省の基本的な考え方・・・「行動に対しての対価報酬の提供」

<関連事業記事 日経産業180530>